診療科・部門のご紹介

精神科

診療科紹介

  • 統合失調症、躁うつ病、神経症はじめ、精神身体合併症、老人性認知症、アルコール依存症、発達障害、カウンセリングを要する心の問題まで、青年期から老年期にわたるあらゆる精神疾患に対応し、診断と治療に取り組んでいます。入院治療も必要度に応じて随時可能です。
  • アルコール依存症治療:断酒目的の入院治療は、原則として3か月とし、医師と臨床心理士によるアルコールグループ(集団精神療法)を毎週実施しています。地域の断酒会やAAと連携して断酒指導に取り組んでいます。
  • 家族相談:本人の受診が困難な場合、家族だけの面接相談に応じています。(要予約、保険外、有料)2008年度(平成20年度)より初診・再診とも全て予約制となりました。事前の予約が必要です。電話により予約できます。
  • 修正型電気けいれん療法:主としてうつ病に対して、修正型電気けいれん療法を麻酔科と連携し、2012年度(平成24年度)より開始しています。なお、この治療は入院患者にて行っています。
    クロザピン:治療抵抗性統合失調症の方に対しては、2012年度(平成24年度)より、クロザピンによる治療を導入しています。なお、この治療は入院患者のみを対象としています。
    ■精神科作業療法:入院・外来ともに2013年度(平成25年度)より開始しています。
    ■心理療法:個人対象にカウンセリング、認知行動療法などを行っています。また、集団精神療法(アルコール依
     存症、マインドフルネス等)を実施しています。

     ※病院代表(電話) 0796-22-6111 
認知症疾患医療センター
  • 老人性認知症に関する専門相談の実施、ケースワーク、市町の保健医療・福祉関係者への技術援助 (各種研修会の開催、電話照会への対応等)、情報収集・情報提供などを行っています。
  • 認知症に関する受診援助を行います。 認知症の診断と治療を求める利用者に対して、神経内科・精神科老年期外来など、 認知症の診断・治療を担当する専門診療科の受診案内と助言を行っています。

  ※専用電話・FAX : 0796-22-1090

最近の診療実績

◆2018(H30)年度

項 目 実 績
入院新患者数(人) 190
1日あたり外来患者数(人) 80
修正型電気けいれん療法(件) 246

学会施設認定

 ・日本精神神経学会精神科専門医制度研修施設

スタッフ

医師名 安藝 森央 / AKI , Morio / 2014(H26)卒
役職 医員
専門 臨床精神医学全般
医師名 桂木 賢太郎 / KATSURAGI , Kentaro / 2015(H27)卒
役職 専攻医
専門 臨床精神医学全般
医師名 澤木 悠人 / SAWAKI , Yujin / 2016(H28)卒
役職 専攻医
専門 臨床精神医学全般
医師名 安東 宇揚 / ANDO , Takaaki / 2016(H28)卒
役職 専攻医
専門 臨床精神医学全般

〔出張診療等について〕
①認知症疾患医療センター長は、高石俊一医師(1972年卒)が担当しています。
②京都大学から、三木寛隆医師(2006年卒)の診療応援を受けています。
③外来診療につきましては、京都大学から宮城崇史医師(2004年卒)、川島啓嗣医師(2009年卒)、植野仙経医師(2009年卒)、河島孝彦医師(2012年卒)、朝来医療センターから山﨑海成医師(2015年卒)の派遣をいただき、
 出張診療を行っています。