診療科・部門のご紹介

放射線科

診療科紹介

1.画像診断

 実際の業務内容としては、CT、MRIの読影が件数的に大部分を占めていますが、 基本的にはあらゆる画像診断を対象としています。 読影以外に血管造影(心カテ、脳血管以外)検査、消化管造影検査を行っています。

2.lnterventional Radiology(画像診断検査法の治療応用)

 主に血管系のIVR(腫瘍に対する塞栓術、動注化学療法、リザーバー留置術、 下大静脈内フィルター留置術、外傷その他の出血に対する塞栓術、経静脈性胃静脈瘤硬化術、 動・静脈瘤に対する塞栓術、血栓溶解及び血管拡張術など。心・脳血管は除く)を行っています。
●非血管系のIVRとしては気管ステント留置、CT 下生検、超音波生検、CT 下ドレナージなどです。

最近の診療実績

 ◆2017(H29)~2021(R03)年 (1月~12月)

 放射線科読影実績

項目 2017年 2018年 2019年 2020年 2021年
CT 13,443 14,146 13,639 11,993 11,982
MRI 4,997 5,088 4,171 2,693 2,772
消化管造影 210 183 171 117 131
X線撮影 2,044 1,943 1,859 1,891 1,894
核医学 694 648 470 433 487
血管造影(TACE) 40 40 23 31 25

学会施設認定

 ・日本医学放射線学会放射線科専門医修練機関

スタッフ

医師名 小山 敬己 / KOYAMA , Takashi / 1993(H5)卒
役職 部長
専門 画像診断全般、lnterventional Radiology
認定 ・社団法人 日本医学放射線学会 医学放射線科専門医 放射線診断専門医
・特定非営利活動法人 マンモグラフィ検診精度管理中央委員会
 検診マンモグラフィ読影認定医師

※画像診断につきまして、毎週金曜日に滋賀医科大学より大谷秀司医師(2000年卒)の派遣応援をいただき、対応しています。