診療科・部門のご紹介

放射線科

診療科紹介

1.画像診断

 実際の業務内容としては、CT、MRIの読影が件数的に大部分を占めていますが、 基本的にはあらゆる画像診断を対象としています。 読影以外に血管造影(心カテ、脳血管以外)検査、消化管造影検査を行っています。

2.lnterventional Radiology(画像診断検査法の治療応用)

 主に血管系のIVR(腫瘍に対する塞栓術、動注化学療法、リザーバー留置術、 下大静脈内フィルター留置術、外傷その他の出血に対する塞栓術、経静脈性胃静脈瘤硬化術、 動・静脈瘤に対する塞栓術、血栓溶解及び血管拡張術など。心・脳血管は除く)を行っています。
●非血管系のIVRとしては気管ステント留置、CT 下生検、超音波生検、CT 下ドレナージなどです。

最近の診療実績

 ◆2018年度(平成30年度)
 ■放射線科読影実績

項目 年間実績(件)
CT 14,250
MRI 5,916
消化管造影 184
X線撮影 1,982
核医学 623
血管造影(TACE) 35

学会施設認定

 ・日本医学放射線学会放射線科専門医修練機関

スタッフ

医師名 小山 敬己 / KOYAMA , Takashi / 1993(H5)卒
役職 部長
専門 画像診断全般、lnterventional Radiology
認定 ・社団法人 日本医学放射線学会 医学放射線科専門医 放射線診断専門医
・特定非営利活動法人 マンモグラフィ検診精度管理中央委員会
 検診マンモグラフィ読影認定医師
医師名 杉山 朋加 / SUGIYAMA , Tomoka / 2012(H24)卒
役職 医長
専門 放射線科一般

※画像診断につきまして、毎週金曜日に滋賀医科大学より大谷秀司医師(2000年卒)の派遣応援をいただき、対応して
 います。