診療科・部門のご紹介

病理診断科

診療科紹介

1.組織診

 手術摘出臓器や生検検体などの病理組織学的診断。 必要に応じて、各種特殊染色、蛍光抗体法、免疫組織化学などを行います。

2.術中迅速診断

 手術中に、切除断端の陰陽性、リンパ節転移の有無、病変の良悪性の 病理組織学的評価を行い、手術室に直ちに報告します。

3.細胞診

 尿、喀痰等の体液や排出液試料の他、気管支や子宮等の擦過試料および、胸水、腹水、髄液、 甲状腺、乳腺、リンパ節、腫瘤等の穿刺吸引試料の細胞病理学的診断。 必要に応じて特殊染色や免疫細胞組織化学を行っています。

 

4.病理解剖

 病死症例の剖検を行い、CPC(臨床病理カンファレンス)などで報告します。 

5.日本病理学会認定病院

 前暦年度の剖検症例、及び日本病理学会認定病院としての必要事項を、日本病理学会に報告します。 
 大学病院の病理専門研修プログラムの連携施設として、当院で病理専門医になるための修練が可能です。

6.日本臨床細胞学会認定施設

 当院で細胞検査士及び細胞診専門医になるための修練が可能です。

最近の診療実績

◆2017(H29)~2021(R03)年 (1月~12月)

年間実績 【件】 2017年 2018年 2019年 2020年 2021年
組織診断 5,057 5,215 5,546 5,001 5,032
術中迅速組織診断 237 248 236 200 202
病理解剖 5 9 12 3 6
細胞診 4,735 4,613 4,573 4,238 4,685
術中迅速細胞診 69 59 80 77 83

学会施設認定

 ・日本病理学会病理専門医制度研修認定施設B
 ・日本臨床細胞学会施設認定
 ・日本臨床細胞学会教育研修施設

スタッフ

医師名 中島 直樹 / NAKAJIMA , Naoki / 2009(H21)卒
役職 医長
専門 外科病理、呼吸器(肺)病理
認定 ・一般社団法人 日本病理学会 病理専門医
・特定非営利活動法人 日本臨床細胞学会 細胞診専門医

※病理診断につきまして、毎週金曜日に京都大学より前田紘奈医師(2013年卒)、家村宜樹医師(2014年卒)、合田直樹医師(2013年卒)、寺田和弘医師(2013年卒)の派遣応援をいただき、対応しています。