診療科・部門のご紹介

リハビリテーション科

診療科紹介

  • 一般外来は行っておらず、各診療科を経由してリハビリテーションを実施しています。
  • 運動器疾患、呼吸器疾患、循環器疾患、脳神経疾患、リウマチ系疾患、小児科疾患、耳鼻科系疾患、その他内科系疾患等について、 四肢体幹の機能回復、維持を扱っています。
  • ボトックス療法や神経内科の指導の下ロボットスーツ療法、FES療法を行っています。
  • 理学療法、作業療法、言語聴覚療法、心大血管リハビリテーション、がんのリハビリテーションを行っています。
  • 地域医療部との連携による訪問リハビリテーションを実施しています。
  • 家庭での介助方法指導、助言、ホームプログラム指導等、退院時リハビリテーション指導として行っています。
  • 家屋並びに生活環境改造指導、家庭での移動指導等、退院前訪問指導として行っています。

    最近の診療実績

    ◆2018(H30)年度
    1.理学療法

    項 目 患者数(人)
    運動器リハビリテーション(Ⅰ) 21,022
    脳血管リハビリテーション(Ⅰ) 25,744
    廃用リハビリテーション(Ⅰ) 8,761
    呼吸器リハビリテーション(Ⅰ) 3,099
    心臓リハビリテーション(Ⅰ) 3,992

    2.作業療法

    項 目 患者数(人)
    運動器リハビリテーション(Ⅰ) 3,023
    脳血管リハビリテーション(Ⅰ) 15,574
    廃用リハビリテーション(Ⅰ) 243
    呼吸器リハビリテーション(食道がん等) 137
    がんリハビリテーション 286

    3.言語聴覚療法

    項 目 患者数(人)
    言語聴覚療法 13,720

スタッフ

医師名 椋棒 農夫也 / MUKUBO , Nobuya / 1970(S45)卒
役職 部長
専門 整形外科一般
認定 ・社団法人 日本整形外科学会 整形外科専門医
・社団法人 日本整形外科学会 日整会認定脊椎脊髄病医
・社団法人 日本整形外科学会 日整会認定運動器リハビリテーション医
・身体障害者福祉法指定医

※診療科のうち、脳外科・神経内科・小児科・呼吸器科・リウマチ科・整形外科の代表医師が集まって リハビリテー
 ション専任医となり、当該専門科のリハビリテーションについて指導・助言を行っています。

※専従の医師1名、PT 26名、OT 8名(内、精神科OT2名)、ST4名、機能訓練助手6名体制で、土日を含む毎日の治療を
 行っています。