お知らせ

新型コロナウイルス感染症に関する「制限継続」のお願い(8/6)

2020年8月6日

豊岡病院では引き続き下記のとおり療養環境等を制限します。
地域医療を守るため、住民の皆様の引き続きのご協力をお願いします。

病院長

面会禁止について

  • 病院が必要と認めた場合を除き、原則、入院病棟への立ち入りを禁止します。
  • 病院が認めた立ち入りも原則1名で10分以内とし、入院時及び退院時の付き添いも1名に制限します。
    *2階患者用エレベーターホールに設置した面会受付で確認後、移動いただきます。なお、患者用エレベーターは1階への運行を停止しています。2階へは外来に設置の1階~2階エレベータ、エスカレータ、階段をご利用ください。
  • 発熱・咳・感冒症状のある方、15歳以下の子供、及び豊岡病院組合診療圏(但馬+京丹後市)在住者以外の方の立ち入りは禁止します。
  • 入館者はマスク着用、手指消毒を必須します。
  • 入院患者さんへの着替えや洗濯物の届けは、病棟毎に曜日を決め、それ以外の曜日での届けは不可とします。受け渡しは、18時までに短時間でご協力願います。
  • 入院患者さんを除き、各病棟デイルームの使用を禁止します。

但馬救命救急センター利用のお願い

  • 当センターは三次救急医療機関として、緊急度・重症度の高い方への治療を優先して行う必要があるため、緊急性が低い方は、長時間お待ちいただく場合や応急的な治療のみの場合があります。
  • 救命救急センターの機能を維持するためにも、まずは、かかりつけ医やお近くの医院、診療所等で受診いただくなど、適切な利用をお願いいたします。
  • 発熱症状のある患者さんの増加が想定される中、救急医の他、病院勤務医全員の負担がこれまで以上に増えてきます。重ねて、適切な利用についてお願いします。

発熱症状のある患者さんへの診療体制について

  • 下記の症状のある方は、病院を受診される前にお住まい地域の帰国者・接触者相談センターに電話でお問い合わせください。
     1)息苦しさ(呼吸困難)強いだるさ(倦怠感)高熱等の強い症状のいずれかがある場合
     2)高齢者や基礎疾患等があるなど重症化しやすい方で発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合
     3)上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合(症状が4日以上続く場合は必ず相談)

    【帰国者・接触者相談センター】
     平日9001730 
      豊岡健康福祉事務所  0796-26-3660
      朝来健康福祉事務所  079-672-0555
      丹後健康福祉事務所  0772-62-4312

    【新型コロナ健康相談コールセンター】
      24時間対応   078-362-9980

  • 豊岡病院への受診をすすめられたら、まずは豊岡病院にご連絡(0796-22-6111(代))ください。
    診察のご案内をしますので、病院内に入らず車の中などでお待ちください
  • 直接の来院が増えますと診療体制を維持できなくなります。必ず、帰国者・接触者相談センターに電話でお問い合わせください。
  • PCR検査の実施のみを目的とした受診はできません。ご心配な方は帰国者・接触者相談センターに電話でお問い合わせください。

入館者のマスク徹底・検温について

  • 外来診察、病院が認めた面会、インフォームドコンセントを行うなど入館の際には、マスクの着用を必須とします。ハンカチで作る代用品も可とします。
  • 病院に来られる前には、あらかじめ検温をお願いします。

分娩について

  • 陣痛室での付き添いは但馬地域在住の方1名に限ります。(分娩室には入らない)
  • 立ち会い分娩は全て許可しないこととします。
  • 出産後は翌日以降、家族であっても面会は許可しません(NICUは別)
  • 里帰り分娩は基本的に推奨しませんが、希望される妊婦さんには当院を受診する前に、帰省先にて2週間の自己隔離をしていただきます。
  • ファミリー教室並びに立ち会い出産教育プログラムの研修は休止しています。

その他外来診療等について

  • 病院職員は感染症対策のため本来業務以外の業務に従事します。そのため、先送りできる外来診療や検査等は延期いただくなどの制限をさせていただく場合があります。制限にあたっては、患者の状況に応じて、その都度、主治医から説明いたします。