メニューをとばす

公立豊岡病院組合立 豊岡病院

地域の医療機関との連携

病診連携について

豊岡病院は病診連携を推進しています。

病診連携とは

病診連携の「病」は病院、「診」は診療所の意味です。つまり病診連携とは病院と診療所がそれぞれの役割、機能を分担し、患者様のためにお互いに連携しながら、より効率的・効果的な医療を提供することです。わが国では現在、医療機関の機能分担が進められていて、病診連携は国のめざす方策でもあります。

かかりつけ医

病診連携の根幹はかかりつけ医の先生です。かかりつけ医とは、日頃から患者様ご自身やご家族の健康、病気について気軽に相談に応じてくれる身近な開業医の先生のことです。

病診連携は具体的にはどういうものですか

かかりつけ医は患者様の健康状態や病状などを把握し、患者様の日常的な健康管理を行います。そしてより精密な検査や入院治療が必要な場合や患者様が希望された場合には豊岡病院の各専門医に紹介し、病院の医師と相談しながら治療をすすめていきます。このようにかかりつけ医と豊岡病院が連携して患者様の健康管理や治療にあたることで、患者様にとってより効果的で安心な治療を受けていただけます。これが病診連携です。

病診連携の具体的なメリット

患者様からみたメリット
  1. 診療所と病院の医師の連携が良いので安心
  2. 紹介状を持って来院された場合には、病院での特定療養費が徴収されません。
  3. 症状に応じた適切な医療が受けられる。
  4. かかりつけ医から病院の予約が取れ、病院での番号待ちをしなくてもよい。
診療所からみたメリット
  1. 面識のない病院の医師にも気軽に紹介できる。
  2. 自分の専門外の領域でも心強く対応できる。
  3. 自院に高額な先端医療機器があるような感覚で病院にある CT、MRIやRIなどの最先端検査が利用できる。
病院からみたメリット
  1. 病院と診療所間のコミュニケーションが良くなる。
  2. 病院と診療所の役割分担が明確になり、各々の本来の機能が発揮できる。
  3. 患者さんの待ち時間が短くなる。
紹介状をお持ちください
紹介状をお持ちいただいた患者様については、
  1. 特定療養費をいただきません。
  2. 初診の場合でも優先的に診察させていただきます。

夜間救急等の場合にも紹介状と保険証を受付にご提出ください。

豊岡病院の病診連携

医療連携室がお手伝いをいたします。

豊岡病院「医療連携室」は豊岡病院とかかりつけ医との連携をサポートし、患者様に安心で便利な診療体制をご提供いたします。

 

  1. かかりつけ医からFAXで患者様の外来診療予約・検査予約をお受けし、事前予約し、外来予約票をお送りします。
  2. 患者様は外来予約票、紹介状、保険証をお持ちの上、予約時間に豊岡病院を受診ください。
  3. 紹介状をもとに外来診察・検査をいたします。
  4. 診察結果・検査結果を迅速にかかりつけ医にお知らせいたします。
  • 豊岡病院は救命救急センターを中心とした急性期疾患、各診療科での専門性の高い疾患を中心に但馬地域の皆様に貢献してまいります。
  • 豊岡病院は、病状や回復状態に応じて、地域のかかりつけ医の先生に患者様をご紹介することを積極的に進めております。
  • 豊岡病院は、地域の診療所の先生方と医療連携を図るため、合同研究会を積極的に実施しております。

お問い合せ先

公立豊岡病院内 医療支援部 医療連携室
Tel 0796-22-6111(内線2650)
Fax 0796-22-6135