メニューをとばす

公立豊岡病院組合立 豊岡病院

但馬こうのとり周産期医療センター

但馬こうのとり周産期医療センター概要

 

但馬こうのとり周産期医療センターのご紹介

 2015年(平成27年)1月、但馬の周産期医療を守り、ハイリスクの妊婦、胎児、新生児に対応するため、但馬地域の中核病院である豊岡病院に、ハード・ソフト両面において、産婦人科・小児科医師にとって魅力ある周産期医療センターを整備いたしました。

■分娩室、産婦人科病棟、外来診療室、NICU等を増設
※施設整備にあたっては、妊産婦のアメニティ、スタッフの動線、効率性等に配慮

 

施設概要

(1)建設位置

・本館東側の駐車場部分

(2)構造規模

・鉄筋コンクリート造 4階建 (耐震構造)
・延床面積 約5,419.39㎡ (1階は駐車場 約1,500㎡)

(3)整備機能

【施設の特徴】
(1)但馬地域のハイリスク母児に対応できる機能の整備
 ・分娩室、陣痛室、産婦人科病室を増室し分娩機能を充実
 ・GCU(回復治療室)を新設しハイリスク新生児への対応機能を充実
  (GCUについては、体制が整った段階で供用開始します。)
 ・産婦人科外来診察室を増室。新生児外来を設置し周産期外来機能を充実
 ・他病院からの迅速な受け入れのため施設間搬送用の専用エレベーター設置

(2)快適に医療が受けられる環境の整備
 ・産婦人科外来は女性専用ゾーンとして他のエリアとは明確に区画しプライバシーに配慮
 ・外来の待合いエリアに畳コーナー、授乳室を設置し安心して受診できる環境を整備
 ・分娩エリアには自然光の入る陣痛室、シャワー室、家族待合いコーナーを設置し患者や家族のアメニティを向上

(3)セキュリティー機能の強化
 ・出入口に防犯カメラ、カードリーダー、カメラ付きインターフォン等を設置し外部侵入者を遮断
 ・火災時に避難が困難なNICU、GCU、新生児室は他のエリアと耐火構造の壁で防火区画し安全性を確保

【病室等の内訳】

区 分
室 名
現状数
整備数
増減
病  棟

 

産婦人科
一般病室
40
44
+4
分娩室
3
+1
NICU
NICU
6
±0
〃 (隔離室)
2
1
▲1
GCU
0
+6
〃 (隔離室)
0
1
+1
外  来
産婦人科
診察室・内診室
3
+1
指導室(助産師用)
1
+1
未熟児
診察室
0
2
+2

 

(4)配置

・センターは別棟で整備し、周産期機能を集約
・各階の配置は患者・スタッフの動線を考慮

《配置方針》 
■分娩室・陣痛室と病室を同一階でコンパクトに配置し、スタッフの動線を効率化
■分娩室・陣痛室と本館手術室を同一階に配置し、緊急手術時の搬送時間を短縮
■本館小児科をNICU・GCUに隣接する4F東病棟に移設し、小児科スタッフの動線を効率化 


【各階構成】


【平面図】