メニューをとばす

公立豊岡病院組合立 豊岡病院

病院からのお知らせ

「冬休み・ふれあい看護体験」を開催しました!

 豊岡病院で「冬休み・ふれあい看護体験」を開催しました。

 「冬休み・ふれあい看護体験」は、看護に興味のある高校生、看護職を目指す高校生を対象にした公立豊岡病院主催のイベントです。見学や実践、スタッフとの交流を通して、看護の楽しさ、大変さ、やりがい等を体験できる機会を提供しています。

 本年は12月26日(火)、27日(水)に実施致しました。
 但馬地域内の9つの高等学校から42名、京都府北部の5つの高等学校からも12名の参加があり、今まで以上に活気に溢れたイベントとなりました。

 参加した高校生は早速白衣に着替え、オリエンテーションの後、院内での体験に移りました。各病棟では、看護師と共に行動し、身体の清拭、洗髪、体温・血圧測定、患者搬送等を一緒に体験しました。

 看護師になりたいけど実際の看護現場ではどんな仕事をしているのか分からない、そんな方は多くいらっしゃると思います。今のうちから少しでも現場を体験しておくこと、雰囲気を感じておくこと、自分の目で見ておくことは、これから看護の道を目指していくうえで大きな手助けになると思います。この経験が大きな力に変わっていくと思います。

 参加された方からは、
「自分から進んで動くことが大切だと分かった、積極的に行動したい」「人の命を預かる仕事だけど、やっぱりこの仕事に就きたい!」「実際の現場で体験し、より看護師になりたいと思った」
との声が聞かれました。今後、この体験を夢の実現に活かしていってほしいと思います。

 豊岡病院組合では、今後も看護師や医療職を目指す学生の方への支援を続けてまいります。

 ※次回は夏頃に開催する予定です。
   夏開催分は看護協会主催のイベントとなり、豊岡病院以外の病院でも開催されます。
   是非ご参加ください。

アーカイブ  | RSS  |