メニューをとばす

公立豊岡病院組合立 豊岡病院

病院からのお知らせ

ふれあい看護体験を実施しました!

豊岡病院組合立の4病院では、7月下旬から8月上旬にかけて、「ふれあい看護体験」を実施しました。

「ふれあい看護体験」とは、日本看護協会が主催する看護体験等のイベントです。
市民のために医療機関等がドアを開き、見学や看護体験、スタッフとの交流などを行っています。

当病院組合立4病院においても、地域の高校生を対象として同イベントを実施しました。
このうち、豊岡病院では8月7日から9日の3日間で30名以上の参加がありました。
参加した高校生は、早速白衣に着替え、看護部からのオリエンテーションの後、各病棟での体験に移りました。
病棟では、看護師と共に行動し、身体の清拭、洗髪、体温・血圧測定、患者搬送などを一緒に体験しました。

看護師や医療系の仕事を目指されている参加者のみなさんにとって、「ふれあい看護体験」は、将来自分が医療現場で働く姿をイメージをより強いものにすることができる良い経験となったのではないかと思います。漠然と「看護師になりたい」と思うのではなく、どんな看護師になりたいのか、看護師になって何がやりったいのか、そのためにはこれからどうすればいいいのか、医療や看護への関心・理解を深めながらその思いを強めていってください。

豊岡病院組合では、今後とも看護師や医療職を目指す学生の方への支援を続けてまいります。
次回は冬休みに開催する予定です。是非ご参加ください。

 

アーカイブ  | RSS  |