メニューをとばす

公立豊岡病院組合立 豊岡病院 出石医療センター

お知らせ

新型コロナウィルス対策のための電話再診による処方箋発行について

 連日、新型コロナウィルス感染症の流行が報道され、ご心配のことと存じます。
 当医療センターでは4月13日(月)より、定期的に予約外来を受診されていらっしゃる慢性疾患等の患者のみなさまにつきまして、院内感染防止のための臨時的な対応(特例措置)として、医師の聞き取りにより病態が安定されていることを確認できれば、毎回、外来受診をされなくても、定期薬等について処方箋を発行させていただくこととしています
 つきましては、外来にて定期的に通院をされている患者のみなさまの状態を把握するため、当分の間は予約日前日の午後3時以降に、当医療センターよりお電話を差し上げることといたします。
 電話にて聞き取りを行った後に発行いたします処方箋は、事務受付(正面玄関を入って左側の医事係窓口)にて保管させていただきますので、後にご来院いただき、窓口にて医療費(電話等による再診料)をお支払いの上、お受け取りいただきますよう、お願いいたします。
 なお、処方箋の有効期限は発行日を含めて4日間です。診察券と保険者証をご持参の上、できる限りお早めにお越しいただきますよう(※)、お願いいたします。(特例として、患者ご本人の診察券、保険者証をご持参され、患者との関係が明確である場合は、ご家族のお受け取りも可とします。)
 (※)処方箋の有効期間が短いため、土日・祝日も受け付けています。平日同様に事務受付にて対応しています。

 〔上記の対応をさせていただく理由〕
 現在、但馬圏域において新型コロナウィルス感染者発生の報告はございませんが、
 ①兵庫県と京都府において、多くの感染者が報告されていること。
 ②感染に関して報告が上がるまでには約2週間を要し、感染直後と感染発覚時の間にタイムラグ(時間差)がある
   こと。
 ③その場で結果が判明し、間違いがない(偽陰性がない)検査法が存在しないこと。
 以上の観点より、外来受診(対面診療)の際に、院内感染発生のリスクを完全には防ぐことができないと予見されるためです。
 なお、この度の新型コロナウィルス感染症の拡大を受け、厚生労働省の通達により、医療機関において対面診療における感染症拡大のリスクを考慮した上で、医師が適切と判断した場合に限り、対面診療を行わずに電話再診等による処方箋の発行を行うことについては、特例として時限的に認められています。(下記を参照)

 〔ご参考〕
 厚生労働省の通達→【こちら】 

 〔お問い合わせ先〕
 出石医療センター事務部 ☎(0796)52-2555(代表)
                


 

アーカイブ  | RSS  |