メニューをとばす

公立豊岡病院組合 豊岡病院 日高医療センター

病院の概要

ごあいさつ

       (医療ネットワークを目指して)

 
豊岡病院日高医療センター病院長
 
豊岡市内には、豊岡病院組合の下に豊岡病院、日高医療センター、出石医療センターの3つの病院があります。2007年度(平成19年度)からは、但馬全域の急性期・高次医療を担う基幹病院としての豊岡病院を中心に、組合内各病院がネットワークを形成し、地域の医療をカバーする計画となっています。
日高医療センターの役割としては、大きく分けて以下の3つが有ります。
1)高次医療まで受け持つ眼科センター
2)特色ある外来機能としての透析センターと健診センター
3)プライマリケアとしての内科、産婦人科、整形外科、外科外来
眼科センターでは、あらゆる眼科疾患を但馬地域内で安心して治療して頂ける事を目標としています。今でも、高度な手術から夜間休日の救急対応としての電話相談を行っていますが、今後とも充実した運営を維持したいと考えています。
透析センターでは、但馬地域最大規模の施設として今後とも当地域の透析医療の充実に精励したいと考えています。
外来機能の充実を目指し、整形外科外来の診療日拡大、二次検診も含めた乳腺外来の開設、助産師外来を含めた産婦人科外来の拡充、皮膚科外来(豊岡病院出張診療)を行っています。
また、日高医療センターの特色の一つとして、旧日高町循環器健診を基礎とした高血圧、動脈硬化に対する研究、治療の伝統を引き継ぎ、生活習慣病に対する取り組みを続けています。健診、各種教室(糖尿病、高血圧、高脂血症)や運動療法外来を通じて、生活習慣病の予防・治療を推進したいと考えています。
現在では、在宅医療の一環として訪問看護ステーション事業を行っており、地域での要望に応えられるよう、進めていきたいと考えています。
今後とも日高医療センターは、豊岡病院、各地区医療センター、地域開業医院が形成する医療ネットワークの中で連携を図り、特色を生かしながら地域医療の充実に注力し、皆様から信頼される病院を目指したいと考えています。