メニューをとばす

公立豊岡病院組合立 朝来医療センター

診療部門

リハビリテーション技術科

 

リハビリテーション技術科の紹介

 入院から自宅退院の支援まで、専門スタッフが患者さんの状態に適したリハビリテーションサービスを提供しています。発症または受傷後間もない方々に対して、できるだけ早期にリハビリテーションを開始し、適切な治療プログラムを作成し、基本動作能力の向上を目指し、さらに入院生活や退院後の日常生活の質の向上や、社会適応、在宅・職業復帰などの援助を行っております。

スタッフ

専任医 2名
理学療法士 8名
作業療法士 2名
機能訓練助手 2名

理学療法部門
 理学療法では身体に障害をもつ方々などに対し、寝返り、起き上がり、立ち上がり、座る、立つ、歩くなどの基本動作能力の獲得を目指しています。
 そのために関節可動域運動、筋力増強運動、麻痺の回復を促すなどの運動療法と起居動作練習や 歩行練習などの基本動作練習を実施しています。
 また補装具や適正な歩行補助具(歩行器・杖など)を用い、より良い生活を営めるよう支援 します。

                              
作業療法部門

 作業療法では身体の障害や認知機能低下を持つ方々に対し、日常生活を円滑に行えるように援助します。具体的には、食事・着替え・トイレ・入浴・整容動作など実際の場面を仮想設定して練習します。
 必要であれば家事動作(調理・掃除など)や職業復帰に向けた動作の練習を行います。
 また、感覚を刺激するように視覚や指先を使いながら認知機能の改善をはかり安定した生活が行えるように支援します。

                              

 

退院支援
 患者さんが退院できる状態になっても、退院翌日から元気に自立した日常生活を送ることができないことが多々あります。患者さんが退院後に適切なサービスを受け、安心して自宅療養が送れるようにケアマネジャー等地域スタッフと当院の医師・理学療法士・作業療法士・看護師・医療ソーシャルワーカー等にて退院前カンファレンスを実施し、様々な調整を行っています。自宅退院される際には、住宅改修や環境設定などの提案も積極的に取り組んでいます。