メニューをとばす

公立豊岡病院組合立 朝来医療センター

診療部門

放射線技術科

放射線技術科の概要

 私たち放射線技術科は、各診療科からのオーダー(依頼)に対して、放射線を適切に管理しながら診療画像を提供しています。また、院内で発生する診療画像の管理や紹介画像データの取り扱いも行っています。
 新病院開設にあたり、旧病院での機能を維持しつつ、さらに時代に適応し住民の期待に応えるよう、可能な限り最新の機器を導入しました。

 

放射線技術科基本方針

 私たち放射線技術科職員は、病院基本理念「住民が安心して暮らせる地域づくりに貢献できる病院」に基づき、

  1. 院内のチーム医療の一員として行動します
  2. 専門分野の責任を全うします
  3. 医療全般にわたり常に学習します
  4. 十分な説明と同意を得ることを実践します

     

技師数および認定資格について(平成304月現在) 2018..4

 当センター放射線技術科は、診療放射線技師5名(男4、女1)が、放射線を使用した検査や院内の診療画像の管理に従事しています。

 認定資格等
  検診マンモグラフィ撮影技術認定  …3名    (日本乳がん検診精度管理中央機構)
  X線CT認定技師                         …3名    (日本X線CT専門技師認定機構)
  医療画像情報精度管理士           …2名    (日本診療放射線技師会)
  Ai認定診療放射線技師               …1名    (日本診療放射線技師会)
  放射線機器管理士                     …1名    (日本診療放射線技師会)
  アドバンス診療放射線技師          …1名    (日本診療放射線技師会)
 

機器・装置について(平成30年4月現在) 2018..4

 主な機器・装置
  X線撮影装置     2室:2台
  CT装置             1室:80列*1台
  X線TV装置      1室:1台
  マンモグラフィ装置 1室:1台
  骨密度測定装置 1台(一般撮影室に設置)
  回診用X線撮影装置 3台(各階に設置)
  外科用イメージ 2台(手術室に設置)

  • 一般撮影室…一般X線撮影装置・骨密度測定装置
    • 第①撮影室、第②撮影室と2室で撮影・検査をおこなっています。
    • 一般X線撮影では、フラットパネルを採用し、低線量で迅速な高画質撮影をおこなっています。(*整形外科 長尺システムを除く)
    • 一般X線撮影室では、高齢者や整形外科疾患の患者さまに配慮し、患者支持具や厚みのある専用天板マットなどを備えて、安全やサービスに努めています。

          
       
    • 第①撮影室に、骨密度測定装置を配置しています。前腕を用いて測定をおこなう装置で、座位の姿勢で簡易に短時間で検査がおこなえます。
       
  • CT室…CT装置・検査
    • 80列検出器、高速画像処理などの高機能な基本性能により、短時間での撮影と、多方向断層像や3D画像を含めた迅速な画像提供をおこなっています。
    • 全身の単純撮影および、心臓を除く各種造影検査やCTコロノグラフィ(大腸CT)もおこなっています。

         
       
  • 乳房撮影室…マンモグラフィ装置

    • 乳房撮影では、フラットパネルを採用し、低線量で迅速な高画質撮影をおこなっています。
    • 乳房撮影装置は通常の撮影に加え、トモシンセシス機構を備えており、断層画像の撮影も可能で、より診断能の高い画像を提供しています。